line
  むつみ保育園について 保育内容について 食育と給食について 健康と保健について ご準備について
HOME サイトマップ お問い合わせ資料請求
 むつみ保育園TOP  健康と保健について>感染症の登園基準
病後の当園時の注意事項
薬について
感染症の登園基準
健康診断


感染症の登園基準表

病 名 潜伏期間 感染可能期間 主な症状 登園基準
インフルエンザ 1〜2日 感染後10日 発熱、全身倦怠、筋肉痛、 鼻カタル、咽頭痛、咳 解熱した後2日を経過し元気が良い時
百日咳 6〜15日 感染後約三週間 発作性咳の長期反復、持続 特有の咳が消失したとき
はしか 10〜12日 発疹出現の前後
4〜5日
上気道のカタル、発熱、粘膜疹コプリック斑 発疹に伴う熱が下がった後 、3日を経過し元気が良い時
おたふくかぜ
(流行性耳下腺炎)
10〜12日 明らかな症状を示す 7日前からその後 9日続く 発熱、耳下腺、舌下線、頚下腺の腫張及び圧痛 耳下腺の腫れが消失したとき
三日はしか(風疹) 14〜21日 発疹出現の前後
7日間
種々の発疹、軽熱、リンパ腺肥大 発疹が消失したとき
水ぼうそう 11〜20日 水泡発現前2〜6日後 種々の発疹、軽熱、リンパ腺肥大 すべての発疹が痴皮(かさぶた)になったとき
プール熱
(咽頭結膜炎)
5〜6日      
流行性角膜炎 1週間以上 発病後約2週間 軽熱、頭痛、全身倦怠 結膜の炎症、眼瞼浮腫目やに 治癒するまで
急性出血性結膜炎 1〜2日 発病後約4日 流涙、結膜充血、目瞼浮腫滲出液 治癒するまで
ペルパンギーナ 2〜7日   高熱、咽頭痛、咽頭に水泡 解熱し、食事も十分できて元気になったとき
手足口病 2〜7日 水泡消滅まで 感冒様症状、手足口も赤斑 →水泡 感染力は無いので、元気が良ければ登園可能
りんご病
(伝染性紅斑)
1〜2日 14日〜20日 顔面赤斑とくに頬部の赤斑性発疹 有効治療を始めてから2〜3日たって
溶連菌感染症
17〜18日 潜伏期後半〜
発病後約7日
発熱、咽頭炎、扁桃腺炎、 苺舌、頚部リンパ節炎、 全身に発疹 主な症状が殆ど消滅し、主治医、園医が登園して差し支えないと認めたとき
乳児嘔吐下痢症
(ロタウィルスによるもの)
不定期 発熱、下痢、嘔吐 主な症状がほとんど消失し 主治医、園医が登園して差し支えないと認めたとき
感染性胃腸炎
小型球形ウィルス
1〜3日   発熱、腹痛、下痢 主な症状がほとんど消失し
主治医、園医が登園して差し支えないと認めたとき
マイコプラズマ肺炎
(うつる肺炎)
10〜24日   咳、発熱、呼吸困難(重症の場合) 症状が改善し、元気であれば登園可能
突発性発疹 約10日   高熱、三日後に全身 主な症状がほとんど消失し
主治医、園医が登園して差し支えないと認めたとき
ヘルペス性菌肉口内炎
単純ヘルペス感染症
2日〜2週間   口内炎症 症状が改善し、元気であれば登園可能
とびひ
(皮膚化膿症)
2〜10日 水泡消滅まで 主として豆つぶ大の水泡自覚症状あまりなし 他人への感染のおそれが無いと医師が認めた時
水いぼ     球状のいぼ 他人への感染のおそれが無いと医師が認めた時
 
▲このページのTOPへ
                                                  
 
 
   
       
      Copyright(C)2007 mutsumi nurysery school, All Rights Reserved